本文へジャンプ


kinsei


有限会社 欣生

 ヤマハロボットプログラム

ヤマハロボットプログラムには大別して2種類のプログラム言語があります。
1〜2軸コントローラ(SR1X DRCX)     ; 単軸 2軸ロボット
2〜4軸コントローラ(RCX22_ RCX_240)  ; 単軸 直交ロボット スカラロボット

SR1,DRCXのプログラム言語は少なく、演算などの複雑な処理には適しません。
これに対しRCX系は言語が豊富で、複雑な処理が可能です。
又、ヤマハビジョンiVY SYSTEMを搭載できるため、処理速度が速く、他社のビジョンシステムを使用する場合の
配線・PLC−ロボットコントローラ通信の等の工数を削減できます。

ロボットコントローラの軸構成の自由度も高く
マルチ設定    ;  1軸毎独立に運転 (DRCX RCX系)
2台ロボット設定 ;  例えば、2台の2軸ロボットを独立して運転(RCX系)
などが出来ます。


 当社の対応
当社では
上記全ての仕様に対応するロボットプログラムの設計を行っておりますが、それ以外に

・既存プログラムの改善(タクトアップ等)

・ヤマハロボットの販売

・ロボットシステム設計・製作

・特注ロボットの設計・製作

・ロボットメンテナンス・修理(ヤマハ発動機認定ロボットサービス)

・専用機設計・製作

・サーボによる高精度 トルク/推力検査装置の設計・製作

 などを行っております。

ロボットプログラム納入先
 ・アイシン・エィ・ダブリュ株式会社様
 ・株式会社 デンソー様
 ・株式会社豊田自動織機様
 ・盟和産業株式会社様
 ・株式会社アイメス様
 ・その他

当社の実績